We are here to help

外国為替市場の参加者

拡大する市場参加

外国為替市場は、歴史的に中央銀行、商業銀行、投資銀行などの銀行が優勢な市場となってきたため、インターバンク市場と呼ばれています。

しかし、他の市場参加者の割合が急速に拡大しており、現在では多国籍企業、グローバル通貨ージャー、登録済ディーラー、国債通貨ブローカー、先物およびオプショントレーダーと個人投機家も含まれるようになっています。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています